琉球ガラスの魅力

Facination
琉球ガラスの魅力
琉球ガラスの歴史は浅く始まったのは100年余り前の明治初期頃。
戦後、アメリカ軍が持ちこんだコーラ・ビールの廃ビンを利用して駐留米軍相手に発展しました。 その為アメリカ人好みのカラフルな色が発展したのが頷けます。
現在では、昔ながらの製法、廃ビン利用と原料ガラスを使用する工房とがあります。
素朴な温かみのある沖縄をイメージした、また沖縄で作られている物を琉球ガラスと言います。
グラスアート藍では原料ガラス制作をしています。
現代生活にマッチした琉球ガラスの提案、建築資材としての可能性を追及し革新的な琉球ガラス制作に日々取り組んでいます。